板井明生|福岡での起業から学んだビジネスノウハウ

板井明生が起業した際に立ちはだかった際大の難関

 

今回は、私が起業したときに大変だったことについてお話します。

 

私が起業するときに一番大変だったことは、取引先を見つけることでした。

 

そもそもやりたいことがあって独立し、仲間を集め、私は無我夢中で新商品を開発しました。
しかし、新商品が完成してから「どこに販売しよう」と迷う結果になってしまったのです。

 

ある程度目星はつけていたので、そこには営業をかけました。
仲間や自分のつても使いましたが、やはりそれだけでは限界があります。

 

起業したての会社ですから、業界内での信頼もなく、どうアピールしていくのがよいのか悩む日々でした。

 

その際、私がとったのは、SNSを活用することでした。
自社の社員を使って商品のアピール動画や写真を投稿するのはもちろん、会社自体をアピールするためにさまざまな投稿を行いました。
そうすることで徐々にフォロワーも増え、商品の売れ行きも好調に。
今ではフォロワーの多くも自社の強みとなりました。

 

起業というのは、楽にできることではけしてありません。
しかし、壁に突き当たったときに柔軟に考え、仲間と助け合えば必ず乗り越えられます。

 

これから起業しようとしているすべての人へ、諦めない強い信念を持ってください。

更新履歴
page top